トピックス

完全に減り込みアウト!オキザワラです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全にアウトです。何が?口の先が発泡スチロールに突き刺さっています(笑)。

かなり大きなサワラ!? 鮮魚課佐藤社員に聞いたら、宮崎県より出荷されたオキザワラだそうです。

兎に角、見た目が異様な感じです。

殆ど全てのオキザワラの口が、なぜか太いテグスで結ばれているんです。

その中に、1尾だけ何もされていない状態のものが・・・・・、大きな口が開いています。

サメとは言いませんが、ノコギリのような小さな歯が無数に生えていて、噛まれたら大事件です。

あまり関東地方ではみかけない魚ですが、南日本に生息し、市場への入荷数も決して多くはありません。

オキザワラと言う呼び名は通称名で、正式名(標準和名)はカマスサワラと言うそうです。

サバ科の仲間であるオキザワラは、カマスとサワラそれぞれの特徴を楽しめるサカナです。

赤身と白身の中間的な色合いで、クセのない淡泊な味わいで、南方系のサカナの中では脂がある方です。

身は少々水っぽく、柔らかく身割れしやすいので、フライや味噌漬け、幽庵漬けなどにすると、適度に水分が抜けて美味しいそうです。

おそらく店頭に丸々1尾で並ぶことはなく、切り身になって販売されています。

これだけ大きいとオキザワラの雄姿を見れるのは、産地か市場だけかもしれませんね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー