トピックス

定番と言わせる実力があります、イサキ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の到来を感じさせる魚、イサキ、漢字で表すと伊佐木、鶏魚、伊佐幾と様々な漢字で表現されます。

夏になると脂がのってくるため、古くから夏の焼魚の定番とおさかなマイスターの仲卸ムラマツの村松社長が市場開放で話されていました。

ところが近年では流通の発達により新鮮な魚が入手できるため、むしろ刺身に人気が出てきているそうです。

イサキは産卵期と旬が重なる魚で、この時期のものは脂がのり腹もパンパンです。早速昨日伊勢勝の片山社長の店舗でイサキを3匹購入して塩焼きで食べてみました。

下拵えは簡単、ウロコを取って、エラ、内臓を取り除くだけ。そこで疑問が・・・・。3匹中2匹はメス、残りはオスでした。

メスの腹の中にはタラコのような卵が入っていますが、通の人はどうするんでしょうね。

焼魚ロースターで焼き上げ完成。見た目に感じることのない脂が火にあたり、パチパチと良い音を奏でています。

肝心の味ですが、皮目に旨味があり、白身の身肉もふんわりとして(水気がありますね)美味しい。

これはムニエルやポワレなどバターなどの油脂を加えても良いですね。次回挑戦します。

IMG_6951 IMG_6948 IMG_6945 IMG_6946

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー