トピックス

宮城県金華山沖のヤリイカ、出来れば最高な状態を食べて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南三陸金華山沖より、おいしそうなヤリイカが入荷しています。

そして、発泡の蓋にはイカをモチーフにしたデザインやロゴが・・・・・。

良かった、最近やっとイカの種類がなんとなく判別出来るようになりました。

イカそうめんや沖漬け、塩辛など、新鮮なイカを生食で食べたら最高ですよね。

しかし、我が家では贅沢な悩みが・・・・・。

イカでは食卓が持たない=酒飲みなら酒の肴、おつまみとして場が持つのですが、どうやらおかずとして認識されません。

そのため、イカを捌いたら直ぐに食べてしまう分と残す分を小分けして明確に区分けします。

実は、イカの繊維は非常に緻密で水分も少ないため、冷凍しても品質が落ちづらく、冷凍に向いている魚介類です。

新鮮な状態で冷凍すれば、品質の低下はほとんどなし、勿論刺身でも召し上がることも出来ます。

でも・・・・・、いくら鮮度や品質が変わらないと言っても、出来れば鮮度のイイものは最高の状態で召し上がって欲しいものです。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー