トピックス

家宝は×、正しくは「果報は寝て待て」、イクラ醤油漬けも同じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水の舞台から飛び降りる気持ちで、昨日とうとう「海の宝石」買っちゃいました。

ネットで値段を調べたら、楽天のあるショッピングサイトでは生筋子500gが4,800円販売されていました。

筆者は市場内の仲卸より購入しましたが、当然ネットよりも安く調達しました。

帰宅後夕飯を取り、目指すレシピは「イクラの醤油漬け」です。

昨年初めて挑戦したので、改めてレシピを確認したから始めました。

ボウルにぬるま湯と塩を入れて、生筋子を解してイクラにします。

営業一部源波部長より、結構大胆に解してもイクラは潰れないと話されていたので言う通りに実行です。

その後、付着しているゴミや膜を丁寧に除去しながら2~3回塩水で濯ぎ洗いをします。

濯いでいるとイクラが白く濁るんですが、塩を加えると濁りはなくなるので心配いりません。

濯ぎが終わり水切りを行うと、鮮やかな色に輝き始めるので地道のゴミ取り作業に集中しましょう。

イクラを漬ける出汁は、醤油、酒、味醂、白だし(めんつゆでも可)、出し昆布を用意して下さい。

酒・味醂のアルコール分を飛ばすために、一度煮立たせます。

粗熱を取ったら、イクラを漬け込んで出来上がり。後は味が滲み込むのを待つだけです。

さ~ぁ、どんな仕上がりでしょうか?今日の夕飯が楽しみです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー