トピックス

寒い今の時期に、アンコウ召し上がれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しそうなアンコウが入荷されています。

今日入荷しているのは、青森、山形、そして三重からです。アンコウは太平洋側と思っていましたが、意外と日本海側でも獲れるそうです。

アピールポイントはあん肝。入荷してくるアンコウは、いかにあん肝が美味しく見えるか工夫されています。

アンコウは見ての通り表面はぬめりがあり、水圧に耐えられる柔らかいカラダのため、まな板の上で捌くことなく、吊るし切りと呼ばれる方法で処理されます。

しかし素人が吊るし切りは無理な話です。そこで、全て下処理をされた状態のモノも入荷してきます。

時々ですが、活けアンコウも平塚市漁協の定置網にかかることもあり、当市場に入荷することがあるんです。

アンコウの旬は11月から2月と言われており、水温が低くなることで身が締まり、春先の産卵に向けてあん肝が肥大化することで味が良くなるそうです。

アンコウは、カラダの80%を水分が占めるため、とても低カロリーでヘルシーな食材です。

皮やヒレにはコラーゲンが多く含まれており、コッテリした海のフォアグラと称されるあん肝と、ビタミン豊富な野菜と一緒に食べる鍋は、寒い今の時期食べるのが最高の贅沢だと思います。

IMG_9590 IMG_9662 IMG_9697 IMG_9671

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー