トピックス

寒サバ、目の輝きが違いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元神奈川県の横須賀、佐島、三陸の金華山沖など各所からサバが入荷しております。

サバの旬は、夏だと頭の中に刷り込んでいましたが、大切な事を忘れていました。サバには、ゴマサバとマサバがいることを。

ゴマサバはもともと脂質が少なく、一年を通じて味もほとんど変わりません。ただ、マサバの味が落ちる季節に取って代わり大量に漁獲されるため、夏が旬とされています。

それに対してマサバは、秋ナスに例えられるように「秋鯖は嫁に喰わすな」と言われたりしますが、10月~11月のものを「秋サバ」12~翌2月頃までのモノを「寒サバ」と呼びます。

冷たい海の中を泳いでいるためなのか、腹の太い細いの差はあるものの、痩せて不味そうなサバは1匹もいません。

釣りモノのサバが入荷しているせいなのか、魚体も非常にキレイでどれも美味しそうです。市場に入荷してくるサバはほとんどが「死んだ魚の目」をした上がった魚ですが、目の輝き(鮮度)は違いますよ。

IMG_8575 IMG_8557 IMG_8580IMG_8523IMG_8522

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー