トピックス

寒暖の差がポイントです ”おでん”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強い寒気が南下している影響で、一気に真冬に様変わりし、暖かいものが恋しくなってきました。

今日は、おでんを紹介します。

コンビニでも定番商品となりつつある「おでん」ですが、私たちの認識として冬の風物詩と言ったイメージが広く定着されています。

しかし、最近は早いところでは8月の旧盆過ぎには、おでんキャンペーンの企画をスタートするところさえあります。

コンビニのおでんが一番売れる時期は、いつと質問すると、大半の人は1月か2月と答えると思います。当然の答えです。

冬の定番商品ですから最も寒い時期に売れると思うのも・・・・・。

しかし正解は、10月、11月だそうです。おでんの販売ピークは、最も冷え込んで温かいものが食べたくなる時期ではなく、「ちょっと寒くなり始めた」「体感温度が急に下がった」など季節の変わり目のタイミングだそうです。

ここ数日で、朝・昼・夕の寒暖の差が大きくなっているため、おでんをカラダが欲しているのでしょうか?!

IMG_6312 IMG_6314 IMG_6315 IMG_6316

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. タカベが入荷し始めたと思ったら、鮮魚課佐藤社員のセリ場が一気に賑やかになってきました。
  2. 梅雨入り前の本日の『追駈け』小型中心の真アジが、だんだん増えて参りました。
  3. 本格的な旬到来、美味そうなイサキが全国各地から入荷されています。
  4. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  5. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...

アーカイブ

市場カレンダー