トピックス

寒暖の差がポイントです ”おでん”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強い寒気が南下している影響で、一気に真冬に様変わりし、暖かいものが恋しくなってきました。

今日は、おでんを紹介します。

コンビニでも定番商品となりつつある「おでん」ですが、私たちの認識として冬の風物詩と言ったイメージが広く定着されています。

しかし、最近は早いところでは8月の旧盆過ぎには、おでんキャンペーンの企画をスタートするところさえあります。

コンビニのおでんが一番売れる時期は、いつと質問すると、大半の人は1月か2月と答えると思います。当然の答えです。

冬の定番商品ですから最も寒い時期に売れると思うのも・・・・・。

しかし正解は、10月、11月だそうです。おでんの販売ピークは、最も冷え込んで温かいものが食べたくなる時期ではなく、「ちょっと寒くなり始めた」「体感温度が急に下がった」など季節の変わり目のタイミングだそうです。

ここ数日で、朝・昼・夕の寒暖の差が大きくなっているため、おでんをカラダが欲しているのでしょうか?!

IMG_6312 IMG_6314 IMG_6315 IMG_6316

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー