トピックス

小さくてもさすがイサキ(ウリボウ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウリボウ、コイサキを地元スーパーアール元気にある「魚卓」で購入しました。

魚卓さんは、今何かと世間を騒がしているSMAPの中居正広さんが表紙を飾る「藤沢・辻堂Walker」で紹介されているんですよ。

1度行ってみてください、威勢のいい店員さんがお出迎えしてくれますよ。

そして、その元気のいい店員に勧められたのが、コイサキ。

地魚、小田原産とあったので、多分小田原魚市場から仕入れられたモノだと思います。

何して食べたらいいと店員に聞いたら、「活きがいいからまずは刺身。生が駄目だった定番塩焼きだね」と教科書通りの回答でした。

暑い日に焼き魚もないかと思い、刺身で頂くことにしました。

コイサキを三枚おろし、皮を引こうか迷いながら一口試食。意外と柔らかく、皮がついたままで美味しく頂けました。

正直に言うと皮を引くのか苦手なんです。どうしても綺麗に引けない、いつも躊躇します。(鯵は私でも引けますよ。)

食品バーナーで皮を炙ると、皮が縮まり丸まった状態に。ちゃんと包丁で切れ目を入れておかないと駄目ですね。

味は、文句ない小さくてもイサキ、美味しいです。

良いもの食べました、値段は1匹100円程度でこの味わいなら自信を持ってお勧めできます。

これからは、用途に合わせてサイズ選択して行きます。

IMG_8266 IMG_8278 IMG_8265

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー