トピックス

小さくても立派にムツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬から初夏にかけてムツっ子と呼ばれるサイズのムツが入荷します。

本来は深い海に棲息するムツですが、小さいうちは浅場で過ごしているそうです。

30センチくらいまでのムツは、夜になると浮上してきて、漁港の明かりなどを目指して集まってくる。

プランクトンに集まるイワシなどを捕食するために、港入口周辺を中心に元気よく活動しているようです。

小さいからと言って馬鹿にしてはいけませんよ。

鋭い歯は子供でも同じで、歯に触れただけで手は簡単に穴があいたり、切れてしまうため、取扱い要注意です。

そして味についてもムツの語源に由来する「ムツコイ」。

味が濃いとか、しつこい、脂っこいと言う意味ですが、ムツのもっている味わいは十分楽しめるんですよ。

そして成魚にはない若魚の肉質の柔らかさはムツファンを必ず魅了するものです。

目にかけたら絶対ゲット。鮮度がよければ刺身、煮付けはお勧めですよ。

IMG_6005 IMG_6017 IMG_6015

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー