トピックス

小柴のコウイカは、三拍子そろっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ鹿児島県出水市から、小さくて高級な食材新いか(スミイカ)が出荷されています。

そして、静岡県舞阪、東京湾の小柴などから新いかと言うより、コウイカ、スミイカと呼んだ方が相応しいサイズのイカが入荷しました。

さすがにこれだけ成長したら、一貫寿司のネタには余っちゃうサイズです(笑)。

獲れたコウイカが大切に扱われて出荷されていることは、納められている箱を見ればわかります。

直接コウイカに氷が触れないように、氷を敷いた後にパーチ(緑色の紙)を乗せてからコウイカを入れてあります。

獲れた魚を大切に扱う。ちょっとした気遣いは、何にでも必要なんだなと改めて感心しました。

もう暫く待てば、墨だらけやキレイに仕立てられたコウイカに再会できます。

早い、早い!なぜか歳をとると1年が経つのが早く感じます。

江戸前のコウイカは、肉厚で、旨味が濃くて美味しいです。

また入荷量が少ないのでかなり高価ですが、もう少し経つと出荷量も安定するので少しは値が下がるかも。

淡い期待を持ちたいのですが、小柴のコウイカは江戸前高級食材なので高値安定かな。

 

味よし、姿よし、値段よしと三拍子そろったコウイカ、是非召し上がって欲しい食材です。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー