トピックス

小田原のソウルフード、スミヤキ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課五十子社員より、長井より入荷したクロシビカマスがサンプル入荷していると教えてもらいました。

クロシビカマスが標準和名ですが、見た目が真っ黒で炭で焼いて焦げてしまったような姿から、スミヤキと呼ばれるようになったようです。

前回(2015.9.24)に紹介して以来、実物にお目にかかりました。

以前調べた時に、小田原のソウルフードで、湘南地区のスーパーにも置かれていると言う話でしたが、未だに市場以外では会うことが出来ていません。

外見は、標準和名の通りカマスに似ているのですが、触った感じは太刀魚に似たプヨプヨ感と弾力感があり、如何にも脂のってる感じです。

焼魚№1の呼び声高いスミヤキですが、取扱いに幾つかの注意事項があります。

1)皮から身に突き刺さるように長い小骨があり、非常に食べずらく怪我に注意必要です。

2)脂が強すぎる傾向にあるため、度を過ぎて食べると下痢をする場合があるので注意です。

3)最後に、あまりに美味し過ぎて食べ過ぎに注意です。

スミヤキを専門に狙った漁船や釣り船は無いのですが、東京湾口から相模湾でキンメダイ釣りの外道として釣れることがあります。

たまには、外道狙いもいいんじゃなうですか。

IMG_7076 IMG_7077IMG_7078

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー