トピックス

小笠原より73キロのマハタ、入荷しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小笠原から巨大魚が入荷しました、マハタです。マグロが入るトロ箱に収められた体重73キロの巨大高級魚です。

よく同じハタ科のクエと比較されますが、マダイやマゴイのように「真」の字が名前に冠せられるマハタの存在はぞんざいにできません。

さて、クエとマハタはどちらが大きくなるのでしょうか?答えはマハタです。ネットで「カンナギ」と検索すると100キロを超える巨大魚の写真が数多くアップされています。

クエは、せいぜい全長60センチほどで、稀に1メートル超、体重30キロ超も獲れますが、カンナギと比べたら子供みたいですね。

旬は、クエが冬なのに対してマハタは夏。しかし一年中水揚げされるので一概に限定できないのですが、それぞれの季節ごとに良さを味わえる魚です。

魚体の全てを写すことができなくて残念ですが、普段目にすることが出来ない無数に生えている歯、ぷるぷるで魅力的な唇など迫力あります。

因みにぷるぷるの唇は、コラーゲンの塊。これだけ食べたらお肌ツルンツルンでしょうね。

IMG_3952 IMG_3956 IMG_3955

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー