トピックス

山形県庄内浜では紅えびと呼んでいます。ホッコクアカエビ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種相対品課石川社員の売り場に甘エビが並んでいます。発泡のケースを見ると紅えびと表記されています。甘エビ(ホッコクアカエビ)と違う種類?と思い調べたらそうではないようです。

山形県庄内浜ではホッコクアカエビのことを女性の唇に紅を塗ったさまに色形が似ていることから「紅えび」と呼ばれてきました。

紅えびは水深300メートル付近の海底の大変キレイな海洋深層水域に生息し、山形県ではカゴ漁ではなく底曳網で漁獲されています。

栄養豊富な水域で育つため、小ぶりながら非常に甘味が強く刺身で食べるのが大変美味です。山形県庄内浜産の紅えびは今が旬真っ盛りです。

今入荷しているホッコクアカエビは、見ての通り抱卵しているため特有の甘い身肉とプチプチした卵のWを楽しめますよ。

img_3540 img_3536 img_3543 img_3546 img_3544 img_3538

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー