トピックス

山形県庄内浜では紅えびと呼んでいます。ホッコクアカエビ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種相対品課石川社員の売り場に甘エビが並んでいます。発泡のケースを見ると紅えびと表記されています。甘エビ(ホッコクアカエビ)と違う種類?と思い調べたらそうではないようです。

山形県庄内浜ではホッコクアカエビのことを女性の唇に紅を塗ったさまに色形が似ていることから「紅えび」と呼ばれてきました。

紅えびは水深300メートル付近の海底の大変キレイな海洋深層水域に生息し、山形県ではカゴ漁ではなく底曳網で漁獲されています。

栄養豊富な水域で育つため、小ぶりながら非常に甘味が強く刺身で食べるのが大変美味です。山形県庄内浜産の紅えびは今が旬真っ盛りです。

今入荷しているホッコクアカエビは、見ての通り抱卵しているため特有の甘い身肉とプチプチした卵のWを楽しめますよ。

img_3540 img_3536 img_3543 img_3546 img_3544 img_3538

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー