トピックス

川長三晃丸さん、元気が良いのは社風ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は、平塚市漁協の川長三晃丸さんをお邪魔しました。

台風18号日本直撃の大雨の中、午前3時頃港に漁船は戻り水揚げ開始です。

ダンベに一杯入った魚を人の手で1匹ずつ選別作業。その間も容赦なく雨は吹っかけてきますが、黙々と作業は続けられます。

目方を測り、発泡スチロールの箱へ水氷、綺麗に詰め込み完了です。

いつも行っている慣れた作業だと思いますが、川長三晃丸さんの段取り、チームワークの良さを感じた一時でした。

追伸

捨てられる魚の中に居ましたよ。この夏、日本各地の海岸を騒がせたシュモクザメ。

IMG_2358IMG_2396IMG_2365 IMG_2387 IMG_2362

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー