トピックス

川長三晃丸の太刀魚はいい顔してますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連日平塚市漁協からタチウオ(太刀魚・立魚)が入荷しています。

平塚市漁協の川長三晃丸、磯崎社長はとても勉強家であり、努力家です。

いかに獲れた魚が高く売れるのか常に試行錯誤。

トライ&エラー、いや、トライ&エラー&トライ、飽くなき挑戦者です。

タチウオ1つとっても丁寧に取り扱われているせいか、皆美男美女揃いです。

タチウオはどうしても体表を覆うグアニン(銀色)がはがれやすいので、注意を払って扱わないとハゲハゲになってしまいます。

タチウオの目利きは、とにかく表面が美しく、身が締まっていること。

表面にキズがついているものは、身質にも強いストレスがかかった影響が少なからず出てしまいますので避けましょう。

タチウオは夏が旬の魚で、産卵期が6~10月ですが、食べ頃は産卵期に被り7月から11月です。

仲卸(有)元初商店大菊社長は、三枚におろして刺身で食べるのが最高に美味しいとアドバイスを頂きました。

しかし、身質が柔らかい太刀魚の三枚おろしは、高度な技術が必要そうです。You Tubeで研究してみます。

IMG_5626 IMG_5627 IMG_5632

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー