トピックス

平塚市漁協の朝網、主役は新鮮な魚です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の移り変わりとともに入荷されるお魚たちも、少しずつですが変化してきました。

ここ数日、チダイの入荷が増えてきました。

チダイは、鰓ぶたの後縁が赤く、血が滲んだ様に見えることから、つけられたと言われています。

チダイは、地域によって、花鯛、小鯛、姫鯛等、呼び方がされています。旬は晩春から夏にかけて、東日本では7~10月頃が産卵期で、分離浮性卵を産むそうです。

美味しい食べ方は、刺身、塩焼き、マリネ、ムニエル、フライもいけるそうです。

※今日も珍客「マツカサウオ」が来場しました。マツカサウオは何とキンメダイ目に属する魚だそうです。

IMG_3082 IMG_3079 IMG_3095 IMG_3125 IMG_3119


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー