トピックス

平塚市漁協の朝網、主役は新鮮な魚です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の移り変わりとともに入荷されるお魚たちも、少しずつですが変化してきました。

ここ数日、チダイの入荷が増えてきました。

チダイは、鰓ぶたの後縁が赤く、血が滲んだ様に見えることから、つけられたと言われています。

チダイは、地域によって、花鯛、小鯛、姫鯛等、呼び方がされています。旬は晩春から夏にかけて、東日本では7~10月頃が産卵期で、分離浮性卵を産むそうです。

美味しい食べ方は、刺身、塩焼き、マリネ、ムニエル、フライもいけるそうです。

※今日も珍客「マツカサウオ」が来場しました。マツカサウオは何とキンメダイ目に属する魚だそうです。

IMG_3082 IMG_3079 IMG_3095 IMG_3125 IMG_3119


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー