トピックス

平目じゃなくてカレイの仲間、舌平目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと旬は過ぎてしまいましたが、なかなかユニークな体つきをしている赤舌平目を紹介します。

今日は、関西と特種のセリ場で見かけました。舌平目は、平目と言っていますが、カレイの仲間です。

名前の由来は、字のごとく「舌」(ベロ)のような形からその名は呼ばれ、地方によっては「うしのした」「うまのした」「ベロ」、九州では「クツゾコ」とも呼ばれています。

ヨーロッパでは、「魚の女王」と言われるほど珍重され、中でもフランスでは、舌平目の料理が生活の中で欠かせない存在にあり、ソテーやムニエルの食材として使われています。

魚料理はどうもと敬遠するヨーロッパの人でも、舌平目だけは格別で好きだと言う人も多く、日本はその人気を逆輸入した形で人気が出てきた魚です。

鮮度の判断は、よく魚の目をよく見てと言いますが、舌平目の目は小さいので、判断が難しいです。

簡単な判断方法は、見た目がキレイなこと、臭気、臭くないこと、魚体(ヒレや腹など)汚くないか、美味しいと思えるものを選べば間違いないですよ。

IMG_6580 IMG_6595 IMG_6596

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー