トピックス

幻の江戸前天麩羅タネ、銀宝(ギンポ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「銀宝を食べずして天麩羅を語るなかれ」「江戸っ子たるもの、借金してでも春は銀宝を喰え」と言う文句を皆さん聞いたことがありますか?

このところ少量ですが、富岡よりコンスタントに入荷しているギンポを紹介します。

町の魚屋ではまず売ってないので、ほとんどの人が馴染のない魚なんですが、ギンポの天麩羅が兎に角美味いそうです。

ギンポ出回るのは、初夏のわずか1ヶ月くらいだけで、この時期に食べられないと次の年までお預けになります。

漁獲量も少なく、その稀少性から「幻の魚」とも言われています。

ギンポは別名、カミソリ、ウミドジョウなどと呼ばれ、泥臭く、小骨も多いので、「煮ても焼いても食えない魚」と散々な評価。

しかし、本種をして天だねのためにある魚と言った職人がいるほど、独特の風味と上品な白身で、何とも言葉にしがたい味と称されています。

仲卸の話では、かつて㌔3桁で取引されていたが、最近は㌔1,500円は下らない高級魚です。

東京の天麩羅専門店でも、なかなかお目にかかれなくなくなっているギンポ。

地元横浜市で獲れる獲れる魚ですから、是非食べてみたいですね。

IMG_7290 IMG_7292 IMG_7293 IMG_7294

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー