トピックス

幻の魚、ゲンゲ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またもや深海魚を見つけました。ゲンゲです。

白くてプヨプヨ、杏仁豆腐か寒天か思わず触ってしまいました。気持ち良い肌触り、表現しようがない感じです。

日本海でのエゾバイガイ科の貝(バイ)のカゴ漁やズワイガニ漁に混獲され、かつては捨てられてきたので、それで「ゲギョ(下魚)」ゲギョが訛って「ゲンゲ」になったと言われています。

漢字で書くと下魚、玄魚、幻魚が一番ポピュラーです。全身を覆うゼラチン質に豊富なコラーゲンが含まれており、栄養補助食品としての活路が見えてきたことで、ゲンゲの評価は一変しました。

このゼラチン質を100%生かすには、汁モノに使うことが一番有効ですね。

鱗もなさそうで丸ごと食べてみたいが可愛いお目目のゲンゲを口にするのは少し躊躇します。

筆者も年齢が年齢なので、お肌、髪の毛など気になります。

幻の魚、ゲンゲを食べてみようかな。

IMG_3114 IMG_3132

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー