トピックス

幻の魚、ゲンゲ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またもや深海魚を見つけました。ゲンゲです。

白くてプヨプヨ、杏仁豆腐か寒天か思わず触ってしまいました。気持ち良い肌触り、表現しようがない感じです。

日本海でのエゾバイガイ科の貝(バイ)のカゴ漁やズワイガニ漁に混獲され、かつては捨てられてきたので、それで「ゲギョ(下魚)」ゲギョが訛って「ゲンゲ」になったと言われています。

漢字で書くと下魚、玄魚、幻魚が一番ポピュラーです。全身を覆うゼラチン質に豊富なコラーゲンが含まれており、栄養補助食品としての活路が見えてきたことで、ゲンゲの評価は一変しました。

このゼラチン質を100%生かすには、汁モノに使うことが一番有効ですね。

鱗もなさそうで丸ごと食べてみたいが可愛いお目目のゲンゲを口にするのは少し躊躇します。

筆者も年齢が年齢なので、お肌、髪の毛など気になります。

幻の魚、ゲンゲを食べてみようかな。

IMG_3114 IMG_3132

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー