トピックス

当社のマル秘テクニックを公開しちゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アジ!?もちろんさばけません。イワシ!?指無くなります。持ちだす!?捕まります。

すみません。振りが長すぎました・・・

当社は、生鮮マグロをセリ場に上場する際、身の状態や脂の乗り具合を仲卸が判断できる様に、マグロ包丁を使い尾の一部を切り出します。

包丁で魚を切る際に刃を往復させると、切断面が傷つき、味が衰えるとされています。

これを回避するためにマグロ包丁は大型の魚でも刃を行き来させずに解体できるように非常に大きく作られているそうです。

動画で尾切りしているマグロは、今年初上場の新潟県佐渡島産。定置網で水揚げされた天然本マグロです。これから、旬を迎え上場数が期待できる日本海天然本マグロです。

IMG_1434 IMG_1442

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー