トピックス

念願のハタを食べましたよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日のハマの市場を楽しもう市場開放で、仲卸(株)ムラマツの店舗でクエ、マハタと言いたいところですが、同じハタ科の魚アカハタを買ってしまいました、それも2匹。衝動買い!!

1匹は三枚に捌いてもらい、もう1匹は内臓処理だけしてもらいました。とても親切な対応で、アラをどうするか?まで確認してくれます。

購入当日は三枚におろしたもので薄造り、皮を引くのが大変でした。身質は透明でキレイな白身、弾力があり噛みごたえがあったので薄く切って正解でした。

噛んでいて旨味が出てきて美味い。子供も含めた評価は上々でした。アラは味噌汁の具に使いました。

IMG_5211 IMG_5212 IMG_5250

翌日はムラマツの小林さんお勧め、丸のアカハタを使った酒蒸しにネットでレシピを見ながら挑戦です。

調理はいたって簡単、そして前日とは全く違う味わいを楽しめて最高でした。

味付けは、まず魚に塩で下味をつけて15分程度置きます。出汁昆布は料理酒で戻し、皿に戻した昆布、スライスした生姜を敷いてアカハタを置きます。

魚の周りにはシメジを並べて、魚全体に料理酒3杯程度ふりかけて蒸すだけです。

そして、皿にたまった魚から出た蒸し汁、魚の下味に使った塩と料理酒を利用してタレを作ります。

魚から出た出汁に醤油、ハチミツ、ミリンを加え沸騰させたらタレは出来上がり。ハチミツの苦みが気になったら味を調整してみて下さい。

最後にゴマ油を十分熱したものをアカハタにかけるとジュジュジュと良い音をたて、風味もよくなりました。

ハタは熱を加えると身が柔らかくなると言いますが、蒸しているせいか、ほどよい食感が残り、魚本来の旨さを味わえ、甘めのタレと白身の肉がよくマッチした気がします。

素人の筆者が作れるので、皆さん安心して下さい。きっと美味しくできますよ、料理の味を左右する最大要因は素材ですから。

念願のハタ科の魚、仲卸の方々のアドバイスは適格だと感心されました。

こらからも良い魚買うぞ!しかし、個人的にエンゲル係数上がっています。

IMG_5207 IMG_5208 IMG_5214

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー