トピックス

思いのほか写真写り良いじゃない、メイタガレイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京湾富岡からとても可愛いサイズの魚が入荷しました、メイタカレイです。

北海道南部以南の日本全国に生息し、成魚はせいぜい15~30㌢程度に成長する小型のカレイです。

菱型のカラダの形は、すぐにメイタガレイだと判別できる特徴的な外見です。

そして名前の由来にもなっている「メイタガレイ=目痛カレイ」は、目と目の間、眉間?に小さな棘があり、これに触ると痛いのでこのように呼ばれているとか。

体表面に滑りがあるせいか、非常に写真写りのイイ魚です。

こう見えても高級魚に属する魚で、立派に成長すると肉厚で体表面が盛り上がり、まるで「どら焼き」みたいにふっくらし高値で取引されます。

さすがに今日入荷したサイズですと、焼いたら炭になっちゃうかな(笑)。

煮付けかフライにしてまるごとパクッと召し上がって下さい。

もしくは、贅沢に味噌汁の具なんて使い方もできます。

江戸前のメイタガレイ、機会があったら是非召し上がって欲しい魚です。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー