トピックス

意外、相模湾ではメジャーなマツダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風一過と言えども、海はまだ余波が残り時化気味の状態です。そんな状況でも、平塚市漁協の日海丸は追っ駆け魚を入荷です。

これだけ台風が続けてやってくると、全国各地から出荷される魚も、その数が限られてきます。

そんな中で、地元の魚がコンスタントに入荷されることは、当社卸会社にとっても、仲卸会社にとっても貴重な存在です。

アジ、サバ、ワカシ、コショウダイにコイサキ。活けモノで、スズキ、クロダイ、メイチダイなど魚種も様々です。

そして、去年も梅雨から夏の時期に登場したマツダイが入荷されました。

パッと見は、古代魚を思わせる姿形で、まるで葉っぱのように見えます。

名前の由来は、松ぼっくのように堅いウロコを纏っているからで、三枚に下ろすのにも一苦労だそうです。

外見とは違い白身で血合いの赤色が美しい身質です。

スズキの仲間なので、どんな調理方法にも対応できるマツダイ。

相模湾では、シイラと並ぶルアーフィッシングの対象魚で有名だったんです。

地の魚ですから、一度は食べてみたいですね。

IMG_8411 IMG_8410 IMG_8408

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー