トピックス

揚げモノ、早くも春の新作登場です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、市場の休市前にもかかわらず、入荷している魚も少なく、写真を撮るのも四苦八苦の状態です。

困ったときは、塩干低温倉庫へと思い、行ってみると瀬川、水野社員と目が合いニヤリ。

「春の新作があるよ」と言われ、早速撮影です。

今日ご紹介するのは、当社にとって大切な荷主2社です。

 

1社目は、「蒲鉾の水野」水野水産株式会社です。

昭和12年(1937)4月創業。

宮城県塩釜市に本社を置く、老舗の魚肉練製品メーカーです。

常に伝統を守り続けていくために、「おいしさ」への探求は怠りません。

とても純粋な商品だけに、ごまかしが出来ない。

それ故に、秘伝の調味料、原料となるすり身、そして揚油については、カラダにやさしい菜種油を使うなど、作り手のこだわりが詰まった製品ばかりです。

IMG_8088 IMG_8072

 

 

2社目は、塩釜の地で食文化を育む、株式会社阿部善商店です。

昭和元年(1926)に創業し、来年90年を迎える老舗の水産練製品メーカーです。

水野水産と同じ、宮城県塩釜市に本社を置き営業中です。

阿部善商店のあたりまえ(こだわり)についてご紹介します。

そもそも、阿部善商店がなぜ塩釜と言う港町に存在するのか。

1つ目の理由は、鮮度の良い魚が水揚げされる漁場に近いこと。

2つ目は、塩釜と言う町が、塩造りの町として栄えたこと。

3つ目は、名だたる酒蔵が多く存在する理由として、おいしい水があるということです。

魚・塩・水、これら3つの素材はどれも蒲鉾造りに欠かせない大切な要素です。

この3つの素材とおいしさの追求=目利き(仕入)、受け継がれる伝統製法と真似のできないオリジナリティーの融合=技、そして「おいしい」と言ってもらうこと、お客様に喜ばれるということ、常にお客様の気持ちになって蒲鉾造りを続ける=真心、3つの変わらぬこだわりで作りあげられています。

IMG_8084 IMG_8079 IMG_8075

 

2社の製品ともに量販店、スーパーで見かけることがあると思います。是非とも、こだわりの商品を召し上がれ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー