トピックス

擬態?岩のようなサメガレイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日違う魚種を紹介して行きたいと思っていても、なかなか実行できないのが現実です。

世界には約3万種の魚が生息し、日本近海では約350種類の魚が食べられています。

来年の市場開放日数が266日だから、頑張って毎日魚が被らないように紹介しようかと思います。

今日は、鰐、いや鮫肌のサメガレイを紹介します。

見た目は、イボガエルかワニガワみたいで、お世辞にもサメ肌とはほど遠い感じです。

しかし、何でも見た目で判断したら駄目ですね。このサメガレイは良質な身質で、脂のノリがとても良く、その上クセもまったくないのです。

一般的に大振りなものは味も大雑把になってしまいますが、この魚はサイズの大きいものほど脂がしっかりノッていて、トロッとした食感を楽しめるそうです。

しかも、魚体が大きければ、縁側の部分も充分楽しめますよ。

グロテスクな皮を引くと、絹のような真っ白な身が姿を見せます。鮮度が良ければ生の刺身がお勧めで、煮付け、塩焼き、フライなどでも美味しく頂けますよ。

IMG_7299 IMG_7300

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー