トピックス

教えて!目利き方法 銀鱈編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目利き・・・それは魚市場のすべてと言っても、過言では無い必須能力。

何故その魚を仕入れしたのか・・・

聞いちゃいました。プロ直伝!教えて!目利き方法【銀鱈編】です。

今回は平野係長と仲卸さんに伺いました。ポイントは2つ。

それは魚体と裏張り。

まずは、魚体。冷凍品なので、まずはきちんと冷凍流通されているかを判断し、

頭カットと腹の厚みが適正かどうかをみる。

IMG_2514

次に肛門の部分が締まっているかどうか。

IMG_2515

これらを総合的にみて、漁獲時の鮮度がどうだったかを推測するそうです。

もう一つのポイントの商品情報が記載されている裏張りは、輸入品のため、ほぼ英語表記です。

教えてもらいました↓(クリックで写真が大きくなります。)

5

本来、目利きする箇所は20か所以上。今回はざっくり2つだけ教えてもらいました。

良い魚を仕入れるために、目利きはとても重要なんですね。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  2. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  3. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  4. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。
  5. えっ!?何が『格上げ』だって!?盛り上がってきたからね~...

アーカイブ

市場カレンダー