トピックス

新年に相応しいスズキ(鱸)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年第一回目は、新年でもあることから、めでたい魚。「鯛」それはベタなので、出世魚としてメジャーな魚、スズキ(鱸)を紹介します。

出世魚とは、成長に応じて名前が変わる魚のことです。武士は元服や出世に伴って名前を変えました。例えば、家康は、竹千代→松平元信→松平元康→松平家康→徳川家康。

出世魚はこれになぞられたもので、縁起のよい魚として扱われ、めでたい席や、門出を祝う席などの料理として使われています。

スズキは、ヒカリゴ→コッパ→セイゴ→フッコ→スズキ、そして冬の産卵期を迎えた大物をハラブト(腹太)と呼びます。

名前の由来は「日本釈名」には「その身白くて”すすぎたる”ように清げなる魚なり」と記されている。このすすぎがすずきになったと言う。

また、スズキが直進するように泳ぐことから「大言海」では、「進(す)く進(す)くの意。進(すす)きの意か」と書かれています。

白のイメージは、一般的に純粋、はじまりなど、とても新年に相応しい魚だと思いませんか。

どんな料理にも合うスズキを、皆さんも自分好みに調理してみて下さい。

IMG_7447 IMG_7522 IMG_7521

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー