トピックス

日々ブリに向けて出世してますワカシ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も残り4ヶ月。

不思議ですね、なぜだか歳を取ると時間が過ぎゆくスピードが速くなったような気になります。

そして、あっという間に8月も終わりそうです。

意図した訳ではないのですか、同じ魚種を時系列的に見ることが出来たのでここで紹介します。

平塚市漁協の追っ駈けブリの若魚ワカシ(若子)です。

ビックリするくらいブリッと大きく成長しています。

今までは手のひらに上手く収まっていたサイズでしたが、かなり引いて写さないとフレームアウトしてしまいます。

体長はメジャーで測っていないので筆者の感覚にはなりますが、45~50㌢ぐらいだと思います。

因みに

・2017.6.11掲載ワカシ

・2017.7.19掲載ワカシ

体長や魚の身の厚さなど、時期によって全然変わっています。

どんな味わいなんでしょうか?

2ヶ月前のワカシは実際に食べてみましたが、当然寒ブリのような脂はないものの、しっかりとした食感と味わいのある意外と美味しい魚でした。

サイズアップした現在のワカシがどんな味わいなのか?

是非、確認したいものでものです。

同じ相模湾三浦市三崎には、イナダ・ワラササイズのブリが水揚げされています。

これからの成長が楽しみですね。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー