トピックス

日向臭い?シマイサキ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉漁協の追っ駆けで今まで見たことがない魚が入荷しました、シマイサキです。

若狭以南の日本海沿岸や太平洋沿岸の内湾などの汽水域や浅い岩礁の周りに生息しているシマイサキ、今日入荷のあった鎌倉の海は正にドンピシャの環境ですね。

この魚を目的にした漁は行われておらず、他の魚に混ざって獲れる雑魚扱いです。

シマイサキという名前ですが、イサキとは違う魚です。しかし鱗の小ささ、皮がしっかりして厚く硬いところなどはイサキに似ています。

少量入荷のため取引値は安く、スーパーや量販店に並ぶ事はほとんどなく、水揚げされる漁港で消費されてしまうそうです。

魚は獲れる場所や食べているモノによって味や香り、食感等に違いが起こります。

シマイサキは汽水域、河口近くに生息するため、匂いが少し気になることや、寄生虫がついていることがあります。

あまり聞きなれない言葉ですが、日向臭いと表現されています。どんな臭いでしょうかねその匂い?

生食の刺身はお勧めですが、出来れば火を十分加えた調理法で食べた方が無難ですね。

IMG_3104 IMG_3103 IMG_3096 IMG_3095

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー