トピックス

日本はマグロが大好き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マグロの胸鰭(むなびれ)部分です。キズがありますが、なぜかわかりますか?

IMG_2769

IMG_2768

答えは、脱血処理の印です。

マグロは速く泳ぐのに特化している魚体構造になっており、魚類では珍しく体温を持つため脾臓で大量の血液を作っています。

そのため、活締め処理を行う過程で、魚の血液を効率良く放血することが求められます。

脱血処理を行わないと、雑菌が増えたり、赤身にシミが出たりします。

生産者の皆さんの努力があって、マグロは魚市場で重要な魚になれたのではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今日は、地元神奈川県のブランド魚「松輪サバ」が入荷しています。
  2. 今日の入荷を黒板に表記中に・・・銚子東沖『鮮マカ・・・』おぉ・・・まさか!?...
  3. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  4. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  5. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...

市場カレンダー