トピックス

日本はマグロが大好き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マグロの胸鰭(むなびれ)部分です。キズがありますが、なぜかわかりますか?

IMG_2769

IMG_2768

答えは、脱血処理の印です。

マグロは速く泳ぐのに特化している魚体構造になっており、魚類では珍しく体温を持つため脾臓で大量の血液を作っています。

そのため、活締め処理を行う過程で、魚の血液を効率良く放血することが求められます。

脱血処理を行わないと、雑菌が増えたり、赤身にシミが出たりします。

生産者の皆さんの努力があって、マグロは魚市場で重要な魚になれたのではないでしょうか。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー