トピックス

日本人は、海老が好き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界でも有数のエビ好き人種の日本人。なぜかエビを見ているとニヤケ顔になったり、ワクワクする筆者はエビ中毒なのでしょうか。

冷凍課当社エビ名人工藤社員、五月女社員のところに、ホワイトえびのサンプルが陳列されていました。

二人からいろいろなエビの薀蓄を聞きました。

撮影したエビは、冷凍エビの原板と原板を解かしたものです。

氷でカチンコチンに固まった原板に、どれだけのエビが入っているのか知ってますか?

簡単に包装されている箱に情報が満載、その中に答えが隠されています。

エビは国際商品なので、世界的に通用するサイズ規格があります。

その基準はエビの重さで分けられていて、1ポンド(453.6g)あたりに何尾のエビが入っているかでサイズ分けされます。

例えば写真のホワイトえびは、31-40と記されていますが、サイズ規格が31―40は1ポンドに31から40尾のエビが入っていることで、

冷凍エビの原板1枚は、1.8㎏(約4ポンド)なので、1枚の尾数が124~160尾、1尾の重さ(g)が11から15gとなるのです。

因みにホワイトえびは、クルマエビ科のエビです。

昔は、高嶺の花の車海老の代替え品として東南アジア(本件は、インドネシア産)から輸入したモノが、

今も海老パックとしてスーパーマーケットの冷凍ケースに並んでいます。

養殖ではなく天然エビなので、旨味がしっかりあるのが特徴です。

養殖エビの代表選手BTことブラックタイガーと並べてみると、縞の入り方が全然違うので容易に識別できます。

一世風靡したブラックタイガーですが、最近はその座をバナメイエビに徐々に奪われつつあります。

もし冷凍エビの原板をお求めの方は、仲卸から購入することもできますよ。(第1・3土曜日の市場開放日にて)

IMG_7569 IMG_7572 IMG_7574 IMG_7576 IMG_7579 IMG_7578 IMG_7581

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  2. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  3. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  4. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。
  5. えっ!?何が『格上げ』だって!?盛り上がってきたからね~...

アーカイブ

市場カレンダー