トピックス

日海丸、イシダイ祭りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の日海丸、朝網追っ駆け入荷です。

箱モノでカマス、青アジ、活かしで平目、ホウボウ、そしてイシダイが大量入荷です。

イシダイの旬は産卵期の春から夏、磯釣りをする人にとっては、あこがれの的で釣り魚として非常に人気があります。

関東では小型で黒い横縞がくっきりしているものを「三番叟」(能・歌舞伎三番叟の烏帽子の柄を思わせる)と呼びます。

小さな頃は縞模様がハッキリと綺麗に出ていますが、成長につれて縞模様がぼやけ、全体的に黒ずんで(シルバー)いきます。特に口の周りが黒くなるので「クチグロ」とも呼ばれています。

食べて美味しいサイズは2キロ台、縞の消えかけた頃が最も美味。冬になると身に脂が乗って違った味わい方ができます。

追っ駆けのイシダイは鮮度は抜群。身の甘味と食感を楽しんでもらうため刺身はお勧めです。

脂はのりのりではないので、少しバターやオリーブオイルなど、油をひと足しして調理してあげると美味しく頂けますよ。

IMG_1442 IMG_1803 IMG_1807 IMG_1806 IMG_1443

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー