トピックス

日海丸、イシダイ祭りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の日海丸、朝網追っ駆け入荷です。

箱モノでカマス、青アジ、活かしで平目、ホウボウ、そしてイシダイが大量入荷です。

イシダイの旬は産卵期の春から夏、磯釣りをする人にとっては、あこがれの的で釣り魚として非常に人気があります。

関東では小型で黒い横縞がくっきりしているものを「三番叟」(能・歌舞伎三番叟の烏帽子の柄を思わせる)と呼びます。

小さな頃は縞模様がハッキリと綺麗に出ていますが、成長につれて縞模様がぼやけ、全体的に黒ずんで(シルバー)いきます。特に口の周りが黒くなるので「クチグロ」とも呼ばれています。

食べて美味しいサイズは2キロ台、縞の消えかけた頃が最も美味。冬になると身に脂が乗って違った味わい方ができます。

追っ駆けのイシダイは鮮度は抜群。身の甘味と食感を楽しんでもらうため刺身はお勧めです。

脂はのりのりではないので、少しバターやオリーブオイルなど、油をひと足しして調理してあげると美味しく頂けますよ。

IMG_1442 IMG_1803 IMG_1807 IMG_1806 IMG_1443

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー