トピックス

日海丸より、活けのメイチダイ入荷しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風7号は17日午後9時に温帯低気圧に変わったものの、北海道では非常に強い風が吹き、海上は猛烈な時化となっています。

台風の影響は、直接的に漁師、市場に及びます。

時刻は5時前にも係らず、セリ場にサカナはなく閑散としています。これも台風のせいです。

しかし、平塚市漁協の日海丸より追っ駆けの魚が入荷しました。

さすが日海丸、時化に強いと以前から聞いてたけど、噂とおりの実力を発揮してくれました。

そして、今期初活けのメイチダイが4匹入荷しました。

いづれも程よい大きさで、活けのメイチダイの色がこれほどキレイなことに驚かされました。

そして、驚かされたのは取引値。台風のため品薄のなかでの活けモノ、メイチダイ。VIP待遇のブクブク付です。

㌔4,000円を軽くクリアした高級魚です。

最後にもう一つ、驚かされることがあるんです。それは、メイチダイそのものの評価が大きく二分することです。

一般的には白身の高級魚と言われますが、脂が独特で臭いがするとも言われています。

残念ながら口にしたことが無いので、機会があったら食べてみたい魚です。

湘南・相模湾で獲れるのは、今の時期限定。季節の移り変わりと共にいなくなってしまうそうです。

限定の地魚、食べる価値ありますよ。

追伸

最近、湘南の海でフエフキダイ系の魚がよく獲れるそうです。

見えないところで、少しずつ温暖化進んでいるかもしれません。

IMG_8373 IMG_8375 IMG_8381

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー