トピックス

早春を告げる、シロウオ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早春を告げる白魚(しろうお)興味が湧くネーミング。テレビの旅番組で見たことがある光景。薄茶色の稚魚が元気よく泳いでいます。

特種相対課渡部社員に何の稚魚なのか質問すると、イサザという魚で、ハゼの仲間とのこと。

シロウオなの?それともシラウオ?漢字で書くと白魚と同じなのですが、正式にはシロウオは素魚、シラウオは白魚が正解で全く違う魚です。

シロウオはスズキ目ハゼ科に分類される魚で、シラウオはサケ目シラウオ科の魚です。

シロウオは、調べてみると春を告げる魚の代表の1つで、旬は春。シロウオの代表的料理は、よくテレビで目にする踊り食いです。

生きたままのシロウオを二杯酢や黄身醤油でそのまま食べます。因みにシラウオも今が旬の魚で、江戸っ子に馴染みの深い魚で、かの徳川家康がシラウオを大変好んだという記録が残っているそうです。

シロウオが入っているビニール袋に飴源(あめげん)創業天保9年とあり、どんな出荷者なのかと思ったら、ミシュラン2つ星の佐賀県のツガニと川魚料理のお店でした。

そう簡単には行けませんが、是非出かけてみて下さい。

IMG_9130 IMG_9095 IMG_9096IMG_9104

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー