トピックス

星を見つめる者?stargazer ミシマオコゼ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の川長三晃丸より、追っ駆けが到着しました。

ここ数日連続して入荷がありますが、日によって入荷する魚種が全く違うのに驚かされます。

クロダイ、メジナ、ウスバハギ、スズキ、日毎に入れ替わりヒーロー登場と言った感じです。

最近は、日が昇ってからの網締めを行っているみたいで、釣果はよさそうですね。

そんなヒーローをよそ目に少し変わった魚が入荷したので、紹介します。ミシマオコゼです。

何ともグロテスクであり、愛嬌のある顔です。

オコゼとは「おこ」とは顔が笑えるくらいに愚かにして奇怪なこと、醜いことを表し、「ぜ」は魚名語尾。

すなわち「鬼のように醜い魚」の意味だそうです。しかし英語では、Japanese stargazer 直訳で日本の星を見つめる者、天文学者、占星術者等を意味するそうです。対比が難しいですね(笑)

姿が悪い魚は、見かけによらず美味しい。ミシマオコゼにも当てはまるようです。

肉質は白身でもっちりとした食感で、刺身で頂くのであれば、肝に和えると良いようです。

アンコウに近い味と表現されているものが多く、鍋物や汁物の具材に使うとよい出汁が出て、白身の肉質が生かされるようです。

湘南の魚屋では、時々店頭で販売されているそうです。そんなに量が獲れる魚ではないので、見つけたらゲットして下さい。

IMG_8052 IMG_8049

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー