トピックス

春、秋、楽しめるボタンエビ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新物が入荷してます。3月1日に漁が解禁された、噴火湾のボタンエビです。

当社、特種相対課、石川社員より、ボタンエビは3月と9月、2回旬があると聞かされビックリ!

美味しさに魅かれ、調べてみました。すると春はオスのボタンエビ、秋は子持ちボタンエビと2度も美味を楽しめる食材だったんですね。今日入荷しているボタンエビは、まだ元気に動いていました。

ボタンエビとして一般的に市場で流通していますが、正式名はトヤマエビ(富山蝦)で、本来の正式名称、ボタンエビは別種にいるそうです。

北海道では、肩並べるくらい美味しいホッコクアカエビ(甘海老)と比べ、ボタンエビは漁獲量が少なく、その味のおいしさから値段はかなりの差があります。

近年は、物流網が発達したため、新鮮な食材をフレッシュで最高の状態で市場に届けられます。

絶対にお勧めは生食で、甘味だけでなく、歯に感じる食感と濃厚な旨味があり、高級寿司ネタとしても人気があります。軽く塩を振って炭火で素焼き、シンプルに酒蒸しや塩茹でもいいですね。

特大サイズなら天婦羅で頭からガブリ、唐揚げもいいですね。様々な味わい方が出来るボタンエビ、絶対お勧めです。

IMG_9950 IMG_5863 IMG_9951

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー