トピックス

春はもうすぐそこ、ハタハタとはそろそろお別れ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田の県魚、ハタハタが秋田県から入荷しています。

秋田県では、ハタハタの産卵は12月初旬から1月の初旬のわずか1ヶ月間。

お腹がふっくらしていないのと、漁獲されている時期から考えておそらくオスでしょうね。

産卵後のメスだと、精も根も尽きる果ててカラダはボロボロな上に、人間に食べられたら可哀そうですよね。

蛇足ですが、食べても当然美味しくないです。

身を楽しむならオス、ブリコ(卵)を楽しむならメスと好みも別れるようです。

塩干低温倉庫に行ったら、丁度新物のハタハタの塩干品も並べられていました。

炭火で炙って食べたら、絶対美味しいでしょうね。

今年も早いもので2ヶ月が経とうとしています。もうそろそろ、ハタハタも鮮魚で見かけることがなくなるんでしょうね。

春が急速に接近しています。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー