トピックス

春告魚、ニシンですか?いいえメバルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『春告魚』見つけた!ニシン?いいえメバルです。

春を代表する魚はたくさんいますが、なぜか『春告魚』と呼ばれている代表選手は『ニシン」と『メバル』なんです。

しかし日本は東西もしくは南北に長く、その地理的要因で地域ごとに春を感じる魚が違うんです。

東海・関東地方ではメバルを、関西ではサワラ=鰆、瀬戸内海ではイカナゴのことを『春告魚』と呼んでいます。

そして今日の天然物鮮魚(2号物品)のせり物品として、鮮魚課・特殊課ともにメバルがならんでいました。

鮮魚課は宮城県石巻の釣りモノ、対する特種課も地元横浜・東京湾で水揚げされた釣りモノのメバルです。

共に魚の輝きが体色と融合して素敵、エラもキレイで鮮度の高さを見せつけられます。

ここに来て冬の寒さが厳しさを増していますが、もうすぐそこまで春は来ているんですね。

メバルの代表的な料理と言えば『煮付け』ですが、これだけ鮮度が良ければ『刺身』もいけますね。

産卵前の今の時期が、メバルの一番美味しい時期です。

メバルを食べ、早春を感じながら味わってもらいたいモノです。。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー