トピックス

春子(カスゴ)が湘南平塚からやってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、春子が湘南平塚から大勢やって来ましたよ。

春子って誰? 女性の名前でハルコではなく、正しくはカスゴと呼ぶ鯛です。

春子鯛とはチダイの稚魚のことで、その名の通り春ならではの食材です。桜の花びらのような淡い色合いから、桜鯛という別名もあります。

皆さん、こんな小さな鯛をどうするのと思いますか?

カスゴは高級すしのネタとして使われ、上質で最適サイズは1尾で一貫もしくは半身で1貫になるモノと言われています。

そして皮と尾(尾をつけて握る場合もある)の色がよいので、春のこの時期に非常に人気があります。

まだ稚魚なので産卵期の心配はなく、魚の質は比較的安定しているため産地によって取引値が生じるそうです。

骨・ウロコが硬いため、魚の扱いには細心の注意が必要で、見た目美しく、食べて美味しく魚を仕込んで行くのは、プロの職人技の見せ所となります。

小さいけどマダイの成魚と引けを取らない取引値であったカスゴ、散りゆく桜を見ながら食べたらちょっとお洒落ですね。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー