トピックス

昼サバ知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛県の川之江漁協から昼サバ、面白いネーミング。

おそらくブランドサバなんだと思いネットで調べたら、昼サバで検索しても該当なし。鮮魚課小島社員に聞いてみたら、漁の仕方ではないかとのこと。

通常漁は、深夜出漁し早朝水揚げ、産地市場であれば当日にセリにかかるが、通常は当日中に出荷できなくて丸1日荷を止めることになります。

朝、日中出漁し昼に漁を行い水揚げすれば、朝の一番セリにも間に合うのです。やはり鮮度は重要なポイントなので、出荷者は色々手段を考えています。

因みに神奈川県のブランド商品「松輪のサバ」ですが、6月頃に州の崎沖で行われるサバ漁は夜間に光をつけて行われ、サバが黒潮に乗って北上して松輪沖に達した7月頃からは昼サバ漁に変化するそうです。

川之江は瀬戸内海の内湾に属する町です。そのせいなのか、気持ちマサバの皮目も黄・黄金色ぽくなっております。根付のアジならぬ根付のサバなんでしょうか。

松輪のサバも

IMG_5446 IMG_5444IMG_5448

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー