トピックス

時化にも強い平塚市漁協の日海丸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風15号、16号が猛威を振るう中、本日も平塚市漁協の日海丸、追っ駆けの魚が到着しています。

大中小のアジ、サバ、ソウダガツオ、イシモチ、ワカシと言ったレギュラーメンバーに混ざり、メイチダイが入荷しました。

今日はメイチダイ(目一鯛)を紹介します。

偶々セリ場でもメイチダイを見つけ、おさかなマイスター宮島社員よりレクチャーを受けたばかりだったので、偶然ですが何か縁を感じます。

メイチダイは頭から下方にかけて、目に一本のラインが入っており、その姿がアラビア数字の「I」に見えることから目一鯛と呼ばれているそうです。

タイと言ってもフエフキダイ科に属する魚のため「あやかりタイ」の一つで、アオダイやヒメダイの仲間です。

相模湾でも水揚げされる魚ですが、あまり数多く獲れず、活魚は1kg5000円は下らないそうです。よってスーパーの店頭には、なかなか出回る魚ではありません。

白身の肉質は漁師のなかでも評価は高く、是非刺身で頂いて欲しいです。

焼・煮・蒸・汁物、ムニエルなどどんな調理法にも対応できる魚です。

IMG_1626 IMG_1633 IMG_1649IMG_1643 IMG_1605


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー