トピックス

時速150キロで泳ぐカマス(アカカマス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良いカマスが入荷しています。体長も胴周りも文句ない大きさです。食べたら美味しいんでしょうね。

全国各地から入荷のあるカマス、今日はカマスについて少し話をしたいと思います。

今の時期入荷しているのはカマスといってもホンカマス、標準和名アカカマスと呼ばれている魚です。

英語名は、Barracuda とても威勢の良い響きです。カマスはスマートなカラダで時速150キロにも達するスピードで海を泳ぎ、非常に気性が荒く、人間にも喧嘩を売ってくる荒れくれモンです。

定置網でよく獲れ、平塚市漁協からの追っ駆け入荷でもお馴染みの魚です。

カマスが美味しい旬は、脂が乗ってくる晩秋から春と言われています。

筆者が住む辻堂では、新鮮なカマスを入手することが出来るので、1度試しに刺身で食べてみたいです。

細いカラダなので内臓の量も少なく下処理の簡単な魚です。泳いでいる小魚を食べているせいなのか内臓も全く匂いがしないので初心者向けの魚です。

下処理だけ行って振り塩、あとは焼くだけ。簡単で美味しい魚を食べれますよ。

IMG_2917IMG_2919 IMG_2920 IMG_2924 IMG_2925

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー