トピックス

時速150キロで泳ぐカマス(アカカマス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良いカマスが入荷しています。体長も胴周りも文句ない大きさです。食べたら美味しいんでしょうね。

全国各地から入荷のあるカマス、今日はカマスについて少し話をしたいと思います。

今の時期入荷しているのはカマスといってもホンカマス、標準和名アカカマスと呼ばれている魚です。

英語名は、Barracuda とても威勢の良い響きです。カマスはスマートなカラダで時速150キロにも達するスピードで海を泳ぎ、非常に気性が荒く、人間にも喧嘩を売ってくる荒れくれモンです。

定置網でよく獲れ、平塚市漁協からの追っ駆け入荷でもお馴染みの魚です。

カマスが美味しい旬は、脂が乗ってくる晩秋から春と言われています。

筆者が住む辻堂では、新鮮なカマスを入手することが出来るので、1度試しに刺身で食べてみたいです。

細いカラダなので内臓の量も少なく下処理の簡単な魚です。泳いでいる小魚を食べているせいなのか内臓も全く匂いがしないので初心者向けの魚です。

下処理だけ行って振り塩、あとは焼くだけ。簡単で美味しい魚を食べれますよ。

IMG_2917IMG_2919 IMG_2920 IMG_2924 IMG_2925

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー