トピックス

普通じゃないイサキが入荷してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とても美味しそうな魚を発見しましたが、写真の魚を見て気づくことがあると思います。

少し小顔じゃないですか?言い方が悪いとずんぐりむっくり。先日、サクラマスをブログに掲載した際に、営業統括の専務より、サケの脂ののった魚(美味しい魚)を見分ける識別ポイントは「顔の大きさだ」とアドバイスを頂き、注意深く見ていた。

すると教科書通りで、正に王道を行く姿形の魚に出逢えました、イサキです。

北海のセリ場小顔の丸々太った長崎県のイサキ、近海のセリ場で小笠原諸島で水揚げされたイサキ。同じ日本でも、産地が違うと獲れるサイズが変わってくるんですね。

単純に見比べると魚体の大きさもありますが、太り方が違いました。

すると、鮮魚課の五十子社員より「もっと凄い魚がいたよ。」と耳より情報が入りました。

仲卸伊勢三に桁違いのイサキがあるよと言われ、仲卸店舗に寄ってみると、今まで見たことのない丸々太った、普通じゃないイサキが売られていました。話によると愛媛県で水揚げされた魚だそうです。

イサキの旬は晩春から夏、産卵前の初夏、5月頃から7月頃までの梅雨頃が最も美味しいとされ、梅雨イサキなどと呼ばれて親しまれています。

イサキの旬の時期と産卵期は一時期被るのですが、産卵期であっても比較的脂が落ちず、美味しく頂けるそうです。

因みに小顔の魚が美しい理由ですが、魚は頭の直ぐ後ろあたりにコラーゲン質があるそうです。餌を沢山食べて脂がのっている魚は、コラーゲン質の部分に脂が入り込み、背の部分が盛り上がってオーバルな姿形に。

背が盛り上がって大きくなると、相対的に顔が小さく見えますよね。小顔に見える魚は脂がのっていて美味しい訳です。

IMG_4557 IMG_4555IMG_4497IMG_4491

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 特種相対品課佐々木社員のセリ場でイイ香り。おおっ、スケトウダラの丸干し。
  2. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  3. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  4. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  5. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。

アーカイブ

市場カレンダー