トピックス

朝日新聞の突撃取材!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、早朝から横浜市中央卸売市場の目玉、追っ駆け朝網の取材の為、平塚市漁協の日海丸に密着。

魚の水揚げ、仕分け、市場までの輸送、セリ場での魚の陳列、そして魚がセリによって仲卸に買われるところまで取材。

朝日新聞の記者、仲卸(株)ムラマツの村松社長、当社社員柴原部長、篠崎係長が正に追っ駆けを身を持って体験取材となりました。

この取材は、横浜市中央卸売市場水産物部経営ビジョンの地場魚集荷力強化、産地交流強化プロジェクトの一環として行われたものです。

前日までの悪天候が嘘のよう、網にクラゲが混ざり仕分けに悪戦苦闘したようですが、久々の大漁です。

今年初めてヒラマサも入荷。ブリ、アジ、太刀魚、本カマス他魚種も豊富でした。

市場に到着したのが6時過ぎ、追っ駆けのセリが始まったのは6時30分過ぎと遅い時間帯になったものの、多勢の仲卸、売参人がセリに参加し、活気が漲るセリ場となりました。

IMG_2489 IMG_2511 IMG_2512 IMG_2514 IMG_2486 IMG_2499

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー