トピックス

朱色の尾鰭はチャームポイント、オアカムロアジ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

珍しい魚が和歌山県より入荷してます、オアカムロアジです。

アジとは思えないほど、コロコロ太っています。まるでサバみたい。

顔付もどことなくアジっぽくないですね。

色目は全然違いますが、外見はどことなくアカサバに似てます(単なる私見です)。

名前の由来は、名は体を表す=外見から尾鰭が赤いアジの意味です。

尾鰭、胸鰭、どことなく魚体も朱色っぽさを感じさせます。

地方名も数多くあり、オアカアジ、アカムロ、オアカ、アカアジ、グルクンなど呼び方も様々です。

どちらかと言えば、ムロアジと言えば加工品(干物、アジ節)となることが多いのですが、鮮魚としてもイケるそうです。

オアカムロアジの身質なんですが、血合いが大きく、身自体にも赤みがかかっているのが最大の特徴です。

刺身、なめろう、さんが焼きなど、マアジと調理の方法に代わり映えしません。

だたし、マアジなどと比べても大型で肉厚、しかも味も良いのでお得感のある魚です。

朱色の尾鰭は、実際見ると可愛らしいですよ。

 

追伸

連休中にメジ食べました。

筆者は刺身で、子供たちは漬けにしてみました。

柵から切っただけだけど下手ですね。敢えて載せて勉強して行きたいと思います。

メジの味わいは保証付き、1日寝かせたせいか酸味も少なく、とろっとした上品な赤身みたいな食感です。

最近は何でも脂のりのりが流行りになっていますが、メジは若さゆえの、行き過ぎない程よい脂、大人の食感にピッタリな感じです。

絶対におすすめ、贅沢な話になりますがキメジも食べてみたい。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー