トピックス

東京湾の超高級魚は何だろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末のザ・鉄腕!DASH!の人気コーナーDASH海岸では、「初夏の陽気漂う東京湾で超高級魚探し!」というタイトル。

さて、高級魚の正体はなんでしょうか。前回クロムツを釣り上げたので同じ魚は出てこないとすると、アコウダイですかね。

もし当ったら、拍手してください。

アコウダイはカサゴ目フサカサゴ科(あるいはメバル科)に属する海水魚で単にアコウ、アコ、メヌケとも呼ばれます。

水深300~800メートルの深海に生息し、岩礁帯のかけ上がりやフラットな砂礫帯に群れを作り、ハダカイワシやエビ、カニなど底生魚類を捕食している。初春から初夏にかけて浅場(300~400メートル)に上がり産卵(卵胎生)するそうです。

今日も千葉県の勝浦港から入荷がありましたが、駿河湾や相模湾、そして東京湾でもよく獲れるそうです。

アコウダイは、深海延縄や深海釣りで、一つの仕掛けに10数本の枝針を付けた深海用の大型リールや胴突き竿を用いるそうです。

一本の竿に次々と針の数だけアコウダイがかかる様子を「アコウのちょうちん行列」と言うそうです。

アコウダイは煮付けや漬魚にして食べると最高に美味しい魚ですが、何せ顔がでかく、可食部が少ないので値段も必然的に高くなると思います。

IMG_5589 IMG_5583 IMG_5592

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 朝日が眩しい早朝6時。
  2. 春らしい初物が入荷しています、サクラエビです。
  3. 今朝セリ場に行くと、真っ先に鮮魚課五十子社員から「しょらさん鰹」入荷したよと声をかけられました。
  4. 桜の開花と共に、相模湾も活発になって来た事が感じられた本日の追駈け。
  5. かなりいい魚体、そして色艶がイイ魚。

アーカイブ

市場カレンダー