トピックス

松輪サバが美味しいのは、特別な訳があるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者、松輪サバのことでずっと疑問に思っていたことがあるんです。

なぜが松輪サバだけサカナの滑りなのか、魚体から滲みだしている脂なのかヌルヌルしているんです。

鮮魚課小島社員に質問すると、脂はのっているけど滲み出るほどじゃないかな。実際に捌いて身質を見ないと、はっきりした回答はし辛いようです。

仲卸㈱ムラマツ村松社長にも同じ質問をしてみたら、元々どんなサカナにも滑りがあるそうです。

そして松輪サバについて言えば、一本釣りしたサバを人の手に触れないようにしているのも物語の一つ。

ですから、松輪サバの滑りは物語が事実であることの証拠かもしれません。

加えて、村松社長から松輪サバの良さを聞きました。

松輪サバが獲れる東京湾の入り口は水深が急に深くなっており、そこにはサカナのエサとなるエビ類が豊富にいるそうです。

松輪サバは良いエサをたくさん食べながら、魚体を黄金に輝かせる脂ののりを身に付け、しっかりとした食感を持った最高のサバになって行くそうです。

まだ本格的な旬を迎えていない松輪サバですが、イイ色してます。

明らかに色目は違いますね。

やはり松輪サバの良さを語るには、実際に食べてみないと駄目ですかね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー