トピックス

栗にそっクリ!? 旬の殻付きウニは鮮度が大事!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いテテテ・・・

360度。全方位トゲで覆われ、鉄壁の防御力を誇る黒い球体・・・

確かに・・・「栗」にそっクリ。

海の栗「海栗(ウニ)」入荷です。

本日入荷の岩手県産ムラサキウニ。

活きているんです。

北村セリ人に伺いました。

ウニは5つある生殖巣を食べるため、鮮度が良い物でなければ美味しく頂けない。

死んだウニは口の部分が沈んでしまうとの事。

なるほど・・・

1箇所だけトゲが無い部分『口』で鮮度を見分けるのですね・・・

 

固く閉ざした殻の中には・・・

至極の時が待ってますよ。

旬の殻付きウニは身入りも良く、例年8月中旬まで入荷があるとの事。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー