トピックス

樽カツオ?いいえ樽ダルマです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樽カツオかと思ったら、樽ダルマでした。

達磨?ダルマ?カツオじゃないですよ、メバチマグロの若魚のことをダルマと呼びます。

名前の由来は、他のマグロに比べてズングリムックリ、丸々した外見から達磨に喩えられたのでしょう。

市場には、メジ(ホンマグロ)、キメジ(キハダマグロ)、そして本種ダルマ(メバチマグロ)と幼魚と成魚の呼び名が違うマグロが入荷してきます。

今度、それぞれの画像を撮って目利きが出来るモノを作ってみようかな。

正直、毎回毎回ここにいるのは誰?何マグロと聞くのも仕事の邪魔になるし、聞いてばかりいると覚えられないので日々勉強だ!

そう言えば、マグロは成長の過程で呼び名が変わるんです。

もしかしたら・・・・・。

そうです、マグロも出世魚の一つなんです。

メバチマグロの場合、ダルマ⇒中バチ⇒メバチマグロと成長に伴って呼び名が変化していきます。

今日の樽ダルマは、1樽26~29㌔、10尾前後入っているので1尾2㌔見当のサイズ、おそらく産まれて1年くらいの幼魚ですね。

メバチマグロは、ホンマグロより「トロ」の量は少ないものの、筆者のような年齢層には丁度良い脂ののりです。

ですから、若いダルマに脂ののりを過度に期待してはいけません。

食感は最高、旨味は熟成の仕方に大きく左右されるでしょうね。

人の好みや楽しみ方は多種多様、だから絶対に好みを押し付けない。でも自分の持っている情報は、最大限提供します。

自分の好みにあった選択をすれば全てハッピーだと思います。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  2. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  3. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。
  4. ズラリと並んだ神奈川県産の朝どれ鮮魚『追駈け』鮮度抜群のため・・・アジもこの...
  5. 特種課のセリ場に東京湾よりカサゴが入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー