トピックス

気を高める赤、そうだ三崎のキンメダイを食べよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蒸し蒸し、何もしなくても汗がでる。日本らしい夏がやってきています。

梅雨と相まって、気持ちも沈みがちになりそうです。

そんな時は、赤い魚を食べてはどうですか!?

赤色は気持ちをポジティブにさせたり、食欲を刺激したりと様々な心理効果あるそうです。

そして購買色・販売色・欲望を刺激する色と言われており、赤を広告やパッケージに入れる・入れないで売上が20%違ったことも実証されているそうです。

ではどんな魚にしようかな?マダイに、アカサバ、キンメダイなど迷うところです。

しかし魚はキンメダイに決まっています。

先月より出荷再開した㈲島田商店の地元神奈川県三崎キンメダイが、入荷しているからです。

(そして実は、鮮魚課小島社員から1尾分けてもらったからです。)

キンメダイの王道は煮付けですが、子供の好み優先で夏なのに「しゃぶしゃぶ」にしました。

さすがに夏の鍋は暑い、汗をかきながら、クーラーをかけながらフーフーしながら食べました。

沖のキンメダイと聞いて、脂ののりはどうなのかと素人なのに偉そうなことを正直考えてしまいました。

しかし、そんな心配はご無用です。画像で分かるといいのですが、程よい脂がのり美味しかったです。

㈲島田商店からのキンメダイは、コンスタントに入荷があります。

実際に食べてみると、自信をもって答えられます「美味しい」こと。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー