トピックス

気を高める赤、そうだ三崎のキンメダイを食べよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蒸し蒸し、何もしなくても汗がでる。日本らしい夏がやってきています。

梅雨と相まって、気持ちも沈みがちになりそうです。

そんな時は、赤い魚を食べてはどうですか!?

赤色は気持ちをポジティブにさせたり、食欲を刺激したりと様々な心理効果あるそうです。

そして購買色・販売色・欲望を刺激する色と言われており、赤を広告やパッケージに入れる・入れないで売上が20%違ったことも実証されているそうです。

ではどんな魚にしようかな?マダイに、アカサバ、キンメダイなど迷うところです。

しかし魚はキンメダイに決まっています。

先月より出荷再開した㈲島田商店の地元神奈川県三崎キンメダイが、入荷しているからです。

(そして実は、鮮魚課小島社員から1尾分けてもらったからです。)

キンメダイの王道は煮付けですが、子供の好み優先で夏なのに「しゃぶしゃぶ」にしました。

さすがに夏の鍋は暑い、汗をかきながら、クーラーをかけながらフーフーしながら食べました。

沖のキンメダイと聞いて、脂ののりはどうなのかと素人なのに偉そうなことを正直考えてしまいました。

しかし、そんな心配はご無用です。画像で分かるといいのですが、程よい脂がのり美味しかったです。

㈲島田商店からのキンメダイは、コンスタントに入荷があります。

実際に食べてみると、自信をもって答えられます「美味しい」こと。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー